UGGムートンブーツ サイズ選びのポイント紹介

ムートンブーツのサイズ選びで注意すること

UGGムートンブーツ サイズ選びのポイントUGG(アグ)やEMU(エミュ)など羊の一枚革を使用したムートンブーツのサイズ選びには独特のコツがあります。

UGGをはじめとするムートンブーツのサイズ選びで悩んでいる人の為にムートンブーツのサイズ選びのポイントをお伝えします。

ムートンブーツ(シープスキンブーツ)は元々皮製なので、日々履いていくうちに足に馴染むと同時に皮が伸びてきます。

また、インナーのボアも使用に伴い毛が寝てくるので、履き始めの頃に比べるとどうしてもサイズ感が大きくなってしまいます

そのためムートンブーツを見に行く際は、タイツなどの薄手のものを履いていき、なるべく自分の足のサイズぴったりの物を購入するのがポイント。

多少きつめに感じても、ビニールと違い馴染んでくるので心配することはありません。

ただ、どうしてもきついのは気になるという方はやはり薄い靴下やタイツを履いた状態で、自分の好みの緩さの物を購入する方がいいでしょう。

もし緩くなってきてしまった場合はまずは厚手の靴下などで試してみること。

靴下を重ねて履くのも効果的なので簡単に微調整ができます。

それでも足りない場合は中敷を検討すること。

100円ショップなどでも売っているのでこちらも手軽に調節することができます。

長く履けるブーツだからこそ先の先まで考えたサイズ選びを後悔のないように心がけて下さいね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ